Untitled Page

Dragino WiFi MESH LoRa対応IoTゲートウェイ LG01-JP

カテゴリ: CRIJapan

 

◆LoRaとは?

http://www.ibeacondo.com/download/LoRa_overveiew.pdf

  

◆Dragino IoTゲートウェイのカタログ

http://www.ibeacondo.com/download/IoTGateway_catalog.pdf

 

◆マルチIoTゲートウェイのチラシ

http://www.ibeacondo.com/download/OLG01-BLE_promotion.pdf

 

 

◆Dragino LoRa IoTキットのご紹介動画


 https://www.youtube.com/watch?v=3cIGzwH-NI8

 

 ◆WiFi MESH  LoRa対応IoTゲートウェイ  LG01-JP

 

IoTゲートウェイ LG01-JPの特長

LG01-JPWiFi MESH機能

LG01-JPブリッジ機能

 

 IoTゲートウェイ LG01-JPの技術仕様

 

  データシート(屋内用)

http://www.ibeacondo.com/download/Datasheet_LG01.pdf

◆データシート(屋外用)

http://www.ibeacondo.com/download/Datasheet_OLG01.pdf

 

 

 ◆LoRa対応IoTセンサーノード LoRa mini

 

LoRa miniの表面




 

LoRa mini の裏面

 

Arduino IDEツールを使い、LoRa mini開発ボード上でセンサープログラムを組み込むことができます!

 

 

IoTセンサーノード LoRa miniの技術仕様

 

 LoRa mini用着脱可能なテストユーティリティ
Arduino IDEで開発したさまざまなセンサー制御プログラムをLoRa mini本体にロードできるテストユーティリティ



LoRa mini用アンテナ(オプション)
Piggy Tail型アンテナ(上) 又は Stick型アンテナ(下) 感度はほぼ同じ

 ◆データシート

http://www.ibeacondo.com/download/Datasheet_LoRa_Mini.pdf

 

 ◆OEMおよびODM承ります!

 ◆LoRaネットワークを活用したIoTアプリケーション

http://www.ibeacondo.com/download/LoRa_IoT_applications.pdf

 

 

 LoRa IoT スターターキット 



◆いますぐ始められる!LoRa IoT スターターキット 

◆技適審査が認定されました! 

◆Dragino社訪問 - LoRa通信ベンチャー

 

◆ 急速に拡大するIoT時代に最適な「LoRa」に関する概要説明 


 
 
  

◆「LoRa」導入ガイド

免許不要のサブGHz帯(915.9~929.7MHz(日本))で5kmまでつながる!

IoTビジネスの発展によって、あらゆる「もの」のセンサやスイッチなどに、通信機能が装備されてインターネットにつながる時代が、まもなく訪れます。 2020年にはインターネットに接続される「モノ」の数が地球規模で250億個になるという予測もあります(ガートナー調べ)。 

そこで、新たに解放された、無免許で利用できる無線帯域「サブGHz帯」を使えば、「低価格」「省エネ」「安全」「広範囲」「柔軟」に無線のネットワークを構築できます。 この「サブGHz帯」を使うのが、「LoRa」(ローラ)です。 

本書は、「LoRa」の背景、特長、技術的優位性などを説明し、実際に低価格な機器(「Arduino」「RasberryPi」「Dragino」)などを使いながら、具体的なソフト設定やクラウド・サーバへの実装方法などを紹介します。 

2016年 9月28日発売  
A5判  160ページ 定価 2,484円(本体2,300円)
ISBN978-4-7775-1972-9 C3004  2300円

https://www.kohgakusha.co.jp/books/detail/978-4-7775-1972-9

 

 

  

  

 

 

Signavelive - サーネージCMS Chrome Interactive Signage

カテゴリ: CRIJapan

 


chrome サイネージとo2oサービス連携  signagelive サイネージライブ

 

■100%クラウドアーキテクチャー

長年培ったきたクラウド基盤を使いながら、サイネージコンテンツ編集機能、コンテンツ配信機能、ネットワーク監視機能をはじめ、Eメール&カレンダー機能、VoIP電話機能、CRM機能、サポートジョブチケット管理機能、カスタマイズ開発機能、プロジェクト管理機能、会計管理機能、オンラインミィーティング機能を100%クラウドアーキテクチャーで実装されています。

 

■HTML5オープンシステム

Google社が標準化を推進するWebRTC【下記をご参照】に準拠したChromeboxをサイネージクライアント端末として利用できます。Sagnageliveクラウドサーバーで動画コンテンツを編集、配信スケジュール管理をしながら、無制限のクライアント端末に配信ができます。例えば、全国チェーン展開している店舗に最適です。 クライアントライセンス費用は一切発生しません!

 

 

■簡単インストールとシンプル維持管理

Signageliveのクラウド管理画面は、全て日本語メニューとなっております。操作はとても簡単です!配信管理用ダッシュボードや配信スケジュール管理はとても理解しやすい設計となっております。 さらにサイネージ表示クライアント用Playerアプリは、Chrome OS, Windows, Linux, Android、iOSなど対応が可能になります。

■リッチコンテンツ編集機能で利益創出

Signageliveの画像編集機能はとてもパワフルです。クラウド管理画面に標準搭載されていますAviary Image Editorで事前に画像を加工して魅力的に演出できます。さらにビデオ、画像、HTML, RSSをウェブ画面から自由に編集してサイネージ端末に配信ができます。

 

 

 

■万全なサポート体制

Signagelive社のサポート体制は万全です。クラウド管理画面から、チェット画面で質問することもできますし、社内は完璧なジョブチケット管理体制になっています。

 

■導入実績

 

■インターラクティブサイネージとo2oサービス連携

DOOH、店舗、ウェブサイト、モバイルアプリ、紙メディア、TVなどあらゆるメディアを通してお客様にエキサイティングでインターラクティブなインストア体験をご提供いたします。

 

 

説明資料は下記をご参照ください。

■サイネージとo2oサービス連携

■サイネージを使う顧客創出のシナリオ

■Signageliveコンテンツ設定方法(30日間試用無料)

■インターラクティブなインストア体験について(DigitalSignageToday記事和訳)

■お客様にリーチするメディアと消費行動の変化 - DOOH

 

 

 

iBeacons対応ネイティブアプリが誰でも簡単制作 Beacondo

カテゴリ: CRIJapan

iBeacons対応ネイティブアプリが誰でも簡単に制作できる - Beacondo

 


http://www.ibeacondo.com

 

◆Beacondoカタログをダウンロード

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.ibeacondo.com/download/Beacondo-catalog.pdf

 

◆Beacondoの特長 

 

◆Beacondoのしくみ

 

 

◆Beacondoの価格


【価格は1アプリごとの年間サブスクリプション費となります】

 

■Beacondoデザイナー、Beacondo SDK、Beacondoビューワを無料でダウンロードしてネイティブアプリが制作できます。

http://www.ibeacondo.com

Beacondoビューワーでサンプルアプリをお試しいただけます。下記よりAndorid版BeacondoビューワーとiOS版Beacondoビューワーをダウンロードして下さい。Beacondoデザイナーで制作した本番アプリをApp StoreやGoogle Playで公開する前にBeacondoビューワーでシュミレーションができます。


■iOS版ビューワー


■※Beacondoアプリサンプルサイト

①Beacondoビューワーをダウンロードしスマートフォンにインストールして下さい。
②Beacondoビューワーの右上にある「+」アイコンをタップし、Scan QR Codeメニューから上記サンプルサイトのQRコードを認識します。
③アプリケーションがダウンロードされアプリデータが自動インストールされます。 
④スマートフォン上のBeacondoビューワーを再度タップするとアプリ名が表示されます。
⑤ダウンロードしたアプリ名を選択するとアプリケーションが立ち上がります。

■Beacondo Manager(Beacondo v2.0 Premium版、Enterprise版から対応) アプリページ閲覧統計、ビーコン分析、プライベイトDMP(Data Management Platform)構築、CRM連携,Google Analytics, Flurry分析サービスがご利用できます。



 

◆iBeaconアプリ開発ガイド

iBeaconの仕組みを理解し、誰でも簡単にiBeacon対応のスマートフォン向け「ネイティブ・アプリ」が制作できる指南書として執筆しました。

ISBN978-4-7775-1907-1

定価:本体1900円+税

工学社より8月19日に全国書店およびAmazonで発売!

詳細はこちらから...

 

◆インバウンド向けビーコン対応観光アプリ制作サービス

2020年東京オリンピック開催、日本政府も観光局を通じ海外観光客向けに日本の観光地をアピールしようと様々な地方創生プロモーションを実施しています。 「日本各地の観光地や官庁で低価格でシンプルな観光地向けスマホアプリを提供できる環境を実現できないか?」というモチベーションをもとに地方創生観光アプリの制作サービスを始めました。ネイティブアプリ自動生成ツール Beacondoを使いながら、あなたの観光地や商店街向けに地方創生スマホアプリを魅力的に制作いたします。

 

ウェブ制作で利用したデザインコンテンツの画像ファイルやテキストデータをあるパターンで変更するだけで再利用して短時間でスマホネイティブアプリができあがります。

■iPadやAndroidタブレットでもそのままご利用になれます。

 

■観光客の方が道に迷うことなく、スマホMAP上で現在地を確認しながら目的地に着くことができます。観光スマホアプリがあればスムーズに目的のお店や観光スポットに送客できますのでとても便利です。 

実際に観光アプリの地図機能を使いながら、今まで行ったことのない浅草雷門路地裏の名店、天丼のうまい店「まさる」にたどり着くことができました。観光アプリはとても便利です!

 


■iOS版観光アプリ:  https://itunes.apple.com/jp/app/japan-tourism/id969846809?mt=8

■iPhone5Cに観光アプリをインストール

https://www.youtube.com/watch?v=bO4of2OY_ss

 


■Android版観光アプリ:  https://play.google.com/store/apps/details?id=asia.leiwatech.japantourism&hl=ja

SONY Xperia Z2 Tabletに観光アプリをインストール


https://www.youtube.com/watch?v=0tUL5PikOpM

地方創生観光アプリ制作サービスの説明資料は下記よりご参照ください。

 

◆Beacondo短期集中セミナー: 
当社エヴァンジェリスト/Mr.オブジェクト指向の柴田文彦氏によるBeacondo短期集中セミナーを開催しております。

柴田文彦氏略歴
1984年東京都立大学大学院工学研究科修了。同年富士ゼロックス株式会社に入社。1999年からフリーランス。大学生のころにPC-8001、Apple IIなどのパソコンに出会い、アセンブラをはじめとして、当時の8ビットパソコンで実行可能だった各種プログラミング言語を手当りしだいに独学。在学中から月刊I/O、月刊ASCIIなどのパソコン誌に、プログラミング関連の記事の執筆を始める。就職後は、米ゼロックスPARCとの共同研究、技術開発に従事し、本場のオブジェクト指向プログラミング環境に触れる。退社後は、主にMacを中心としたパソコンの技術解説記事や書籍を執筆するライターとして活動。最近では原点に戻り、もっぱらプログラミングに関する記事、書籍の執筆に注力している。

柴田文彦氏 最近の代表著書

                

 Objective-Cの要点          10日でおぼえるiPhoneアプリ開発入門教室    初歩からわかるAndroid最新プログラミング

 

■Beacondo短期集中セミナーの様子

 

http://www.ibeacondo.com

 

 

世界4000社を超える実績! iBeacon&Eddystone対応ビーコンCMS Onyx Beacon CMS

カテゴリ: CRIJapan

Onyx Beacon がProximity Solution Providerの世界ランクで第4位を獲得! 



Onyx Beacon CMSカタログをダウンロード

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.ibeacondo.com/download/OnyxBeaconCMS_catalog.pdf

 

Onyx Beacon CMSのご紹介動画

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=UigCpZLYg0s

 

◆リアルタイム資産管理 TRACKOカタログをダウンロード

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.ibeacondo.com/download/TRACKO_catalog.pdf

 


◆Onyx Beacon CMSの特長


キャンペーン管理

お客様にエキサイティングなインストア体験をご提供できます。クーポンによるキャンペーン情報を定期的に企画し、興味ありそうなお客様をターゲットにして情報配信することができます。 クーポンには、時間帯、GEOロケーション, 訪問回数, 性別や年齢にカテゴリー化できるソーシャルプロファイル連携など、条件を設定してお客様がビーコンに近接した際、即座にクーポン情報をご提供できます。

 


分析およびデータサイエンス

お客様が店内にどれだけ来店したか?店内のどの位置にどれだけ通りすぎたか、ある一定時間滞在した場合を「興味あり」と推測します。 店内におけるお客様のそれぞれの情報を即座に統計データとして取得し、これを分析することが可能になります。 さらにヒートマップ機能で現在や過去のお客様の店内動態状況を管理画面から確認して、改善に役立てることができます。

 


スマホアプリ組み込み用SDKミドルウェア

Onyx Beacon SDKツールを既存のスマホアプリに組み込んでモバイルマーケティング機能として活用することが可能です。SDKツールは、iOSとAndroid、およびIBM Bluemixに対応しています。そしてCMSシステムはREST APIに対応しておりますのでSugarCRMSalesforce.comなどCRM SaaSと連携して運用することが可能です。

 


企業向けに堅牢なセキュリティ

ビーコンハードウェアデバイスからモバイルミドルウェア、WebベースのビーコンCMSに至るまで企業ユーザー様の大事なお客様の動向情報をとり扱えるEnd-to-Endの堅牢なセキュリティを可能にしております。 iBeacons UUIDのハッキング防止対策は万全です!

 

iBeacon & Eddystone両方に対応するビーコン

Enterprise Beacon【アウトドア型、Beacon Oneボタン型、 USB Central Beacon【USB】の3種類のBLEビーコン端末を揃えております。 また、Apple社iBeaconおよびGoogle社EddyStoneに対応しておりまCす。1つのビーコン端末でiBeaconとEddystoneの2種類のプロトコルをサポートしております。プロトコルの切り替えは、Onyx Beacon CMSのiOS管理アプリで行います。

 

                   •AES128 + MAC –encryption

                   •B.I.V (Beacon Identity Validation) セキュリティハンドシェーク

 

Enterprise BeaconBeacon One手前

 

 

 

Beacon Oneの内部:Panasonic製またはmaxell製コイン型リチウム電池 CR2032 (3V)で上下の蓋を開けて電池交換ができます。


 

USB Central Beaconの表面

 

USB Central Beaconの裏面

 

USB Central Beacon: ローカルのビーコン群を集中管理するため新型USBビーコン。スマホアプリに依存しなくとも複数のビーコン端末のロゴデータをクラウドサーバーにアップロードができます。

USB Central Beaconの詳細はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://joomlaweb.blog117.fc2.com/blog-entry-387.html

 

■WiFi ルーターと Beacon 端末を使うビーコン Hot Spots サービス
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.ibeacondo.com/download/wifi_beacon_hotspots.pdf

 

 

■ Enterprise Beaconの技適申請取得証書

■ USB Central Beaconの技適申請取得証書

 

■Onyx Beacon CMSは、各設置されたBLEビーコン端末の電池残量、アプリケーション検知、ビーコンのステータスをシステム側から管理者に自動Eメール通知する機能が搭載されています。これにより多数のBLEビーコン端末を設置した場合でも、、システム管理者に随時確認メールで対応することができます。

■iBeaconで注意すべきは「偽ビーコン」や「なりすまし」

 

■Onyx Beacon CMSは、クラウド上でそれぞれのビーコン端末に対して電波発信頻度、電波パワー、クーポンメッセージ頻度を最適化してインターネットを経由で更新できます。

■頻度(ビーコン電波発信間隔)

100, 200,300, 400,500,600,700,800,900,1000msec

細かくビーコン電波を発信する間隔を設定できます。

■パワー(ビーコン電波強度)

-23 dBm(0.005mW)、-6 dBm(0.25mW)、0 dBm(1mW)、4 dBm(2.51mW)

主に手元に近接する時にビーコンの電波強度を細かく設定できます。

■メッセージ頻度(クーポン配信間隔)

15, 30,45秒, 1、5,15,30,45分,  1,2,3,6,12,24時間

クーポンをお客様のスマートフォンに送信する間隔を設定できます。

 

 

オンライン動画セミナー 

 

①新しくBLEビーコン端末を設定

https://www.youtube.com/watch?v=2Ujh9un-aGw

②新しいキャンペーンを開始

https://www.youtube.com/watch?v=QY6qJaFynhM

③ヒートマップ機能の説明 

https://www.youtube.com/watch?v=wz8aCGBP3pM

■ヒートマップ機能

④ユニークな近接広告配信プラットフォーム Proximity Ads

https://www.youtube.com/watch?v=TtCPJNUzpN8

■Proximity Ads(近接広告)設定方法

http://joomlaweb.blog117.fc2.com/blog-entry-260.html

⑤時間、GEOフェンシング、訪問回数によるプッシュ通知

https://www.youtube.com/watch?v=bakuI0ozKqE

⑥オンボーディング機能(フロアプラン&インストアマッピング作成)

https://www.youtube.com/watch?v=fNp6Jij-Sd0

⑦Google Eddystoneビーコンの設定方法

https://www.youtube.com/watch?v=qvBCoxVUU4E

⑧ビーコン設定の変更手順

https://www.youtube.com/watch?v=qp9kyxbjfy4

⑨ビーコンアカウントのマイグレーション方法

https://www.youtube.com/watch?v=oxyP8y-u7Es

 

 

 

■Onyx Beaconの説明資料は下記よりご参照いただけます。

 

OnyxBeacon CMS説明資料およびカタログはこちらから..

 
 
 

◆Onyx Beacon CMSユーザー事例

■Carrefour店舗内6,000個ビーコンを販促キャンペーン利用 - Smart Shopping

欧州の小売最大手”Carrefour”は、今回ルーマニア内の全28店舗においてiBeaconネットワークを構築しました。”Carrefour”実験店舗でテストフェーズを経て、実際の商業ネットワークという点ではグローバルな段階で最初のプロジェクトです。このソリューションでは、600個のOnyx Beacon社の”Beacon One”ビーコン端末が”Carrefour”の国内各店舗で利用されています。
 
  

■米IBM EventConnectアプリでOnyx Beacon CMS採用 - Smart Seminar

米国IBMが、展示会やセミナー向け管理サービス Envent Connect Centerに於いて、顧客向けiOSアプリケーション-EventConnectでOynx Beacon CMS管理システムを採用しサービスローンチしました。

https://itunes.apple.com/jp/app/ibm-event-connect/id921549977?mt=8

 

 ■iBeaconをつかうRTLS資産管理 - Asset Tracking

鉄鋼素材など大規模倉庫内向け資産管理ツールとしてiBeacon端末を固定型と移動型の2種類の方法で使い分け、倉庫内を20m四方のビーコン電波区画で仕切り固定ビーコン端末を設置し、在庫商品パッケージに移動ビーコン端末を接着して、2種類のビーコン端末を使い分け、在庫の動きをクラウドCMSで瞬時に可視化する、まさにIoT時代にふさわしい新しい形のAsset Tackingの仕組みです。

2020年までBluetoothビーコン市場は爆発的に成長、ユビキタス危機に瀕す!

 

次世代銀行業向けビーコン10,000個を活用 - Smart Banking

サウジアラビアに本拠を置き、海外に展開している大手銀行でOnyx Beacon CMSが採用されました。既存のCRMとREST APIで連携し、数百支店にもBLEビーコン端末を設置してお客様が店舗に訪問された際にパーソナライズしたユーザー体験サービスを提供されています。 お客様とのエンゲージメントを築くために12の機能を提供されています。 1.現在地検出、2.顧客ID認識、3.ようこそ!メッセージ、4.デスクと秘書の割り当て、5.アカウントマネージャー通知、6.最適な金融オファー、7.アップセルと教育、8.クロスセルと新規収入、9.支店分析、10.満足度調査、11.モバイル支払い、12.コンテクスト広告。

次世代銀行業向けビーコン活用 - ユーザー体験12機能 from CRI Japan, Inc.

 

■視覚障害向け公共バスプロジェクト-Smart Public Transport 

ルーマニア・ブタペストの地元テレビ局でとりあげられたOnyx Beacon製BLEビーコン端末をつかった視覚障害者むけの公共サービスです。スマホアプリをつかい、バスに先頭にBLEビーコン端末を貼付けて、スマホアプリをインストールした障害者がバス停で待ちながら、目的のバスがバス停に70メートル圏内に近寄るとバスに貼付けられたビーコンのブザーが鳴り、スマホアプリから音声ガイドが自動で流れる仕組みです。

■東洋経済オンラインで記事として取り上げられました!

  東欧のハイテク企業が目指すスゴイ公共交通「スマホとビーコンが障害者のバス利用を変革」

■SaltのIoT関連記事-Smart Public Transportプロジェクト部分を抜粋

 

パートナー

カテゴリ: CRIJapan

 

◆協業パートナー募集中!

モバイルアプリ集客・開発、インストア顧客動態分析とクーポン配信、オムニチャネル領域における課題の抽出、IoTサービス事業策定から導入・運営まで業務支援いたします。

 

 ご興味のある方は、下記お問い合わせボタンをクリック頂き、必要項目をご記入下さい。どうぞ宜しくお願いもうしあげます。